自然史フェスティバルに行って来ました。

[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

土曜日に長居公園で開催されている自然史フェスティバルに行って来ました。
19日は20日は博物館、植物園の入園料が無料になります。
さらに、企業ブースや飲食店なども出店していてなかなか大人も子供も楽しめる
イベントとなっています。

お天気はよくなかったのですが、多くの人が訪れており盛況でした。
博物館は何度行っても新しい発見がありますね。
今回はメタセコイアの特別展が開催中だったのですが
メタセコイアは恐竜が生きていた時代に生えていた植物で
ヨーロッパやアメリカではすでに絶滅していたのです。
それが中国に自生していて今では世界中に種が広まって公園などでよくみかける
木々となっていったわけです。

こうした欧米ではすでに絶滅していた植物がアジアなどで生き残っているというのは
他にも例があります。イチョウはその代表例です。
イチョウはその姿を恐竜が生きていた時代から一切変えていない珍しい植物で
生きる化石として絶滅危惧種にも認定されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *