甲斐みのりさんのお部屋がステキ


連取6

昨日、NHKで部屋の収納を特集する番組があって
その中でエッセイストの甲斐みのりさんという方の仕事場兼自宅が
紹介されていた。たぶんマンションの一室なんだろうけれど
私が見る限り、そんな広い感じじゃなく書斎の隣はすぐ
キッチンみたいなお部屋だったのだ。

書斎には果物屋さんからもらった木の箱で作った本棚がズラッと並んでいて
真ん中には読書用の木の机があった。
ちゃんと本もジャンルごとに整頓されていて見たい時にすっと出して真ん中の
机で見れるという感じ。

窓辺には仕事机があってそこで一日中原稿を書いているみたい。
じつは、仕事場に日光を取り入れるのは非常に重要で
私のように窓のない部屋で一日中パソコンワークしていると
時間の感覚がわからなくなるばかりか、精神的に非常に不安定になるのである。
だって気がついたら日が落ちていたら、もうご飯を食べて寝るくらいしかない。
お店も開いてないし、寒いし、冷たいし。確かに夜は作業が捗るのだけれど
夜の世界は長居するのには適してないような気がする。やっぱり陽の光は
生きる上で必要な条件のような気がする。

甲斐さんの楽しみは休憩中のお茶らしい。
キッチンには可愛いポットやコップが並び
おしゃれな外国製の紅茶が数多く揃っている。
お菓子も動物の形のクッキーやお花のクッキーなど
見た目も綺麗なものだった。

一通り特集を見終わって
なんか狭いながらも自分の好きなものをちゃんと
取り入れていてなおかつ可愛く綺麗に見えるお部屋って
なんかステキだなーとおもった。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *