我が家にも大麻があった。


tougarasi
最近、某女優が大麻の所持で逮捕されてテレビでは
その話題でもちきり状態。
実は大麻は日本に自生していた植物で、古来より繊維として
そして、お守りとしての神札(伊勢神宮の神宮大麻)としても
利用されてきていたのだ。薬としてももちろん利用していたのだけれど
日本に自生していた大麻は海外のものと比べて非常に効き目が
薄かった。よって廃人になってしまうということはなかったのだ。
日本人は麻とうまく付き合ってきた民族なのだ。

そんな大麻が規制されるようになったのは戦後から、
今では大麻は覚醒剤と並ぶ人間をだめにする危ないものとして
認識されてしまっている。大麻自体は薬草であり、用法用量を守れば
西洋医学では緩和できない神経痛や癌の痛みを軽減してくれる有益な薬なのは
確かなのであるが、何かに依存しなければ生きられない人が多くいる
今の日本では大麻を合法化するのはやはり壁が高いのだろうと思う。

そんな大麻なんだけれども、私達の周りにあるのだ。
ほっとけば山の中に勝手に生えたりするそうなのだが
もっともっと身近なところに大麻はある。
それは実は七味唐辛子だ。
七味唐辛子の中に大きな白い粒が入っているがあれが麻の実、
つまり大麻の種だ。
この他にも小鳥の餌として袋詰で売られているものも存在している。
麻の実自体には葉に含まれている麻薬的な成分はない。
一部の人はこれを土に埋めると芽がでるのでは?と思うが
残念ながら一度火を通してあるので芽はでないのだ。

他にも七味唐辛子にはモルヒネを生成する芥子の種が入っている。
種自体には麻薬成分はほとんど含まれてないし
これも土に埋めても炒ってあるので芽はでない。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *